gallu’s blog

エンジニアでゲーマーで講師で占い師なおいちゃんのブログです。

血液型[性格診断|占い]が嫌いな理由

たまにはこっち側のツラもw
まぁ先日たまたま話題になったってのもあって書いてみようかなぁと。
とりあえず「否定するに至る理由」については、おいらの神秘学方面のpage http://www.m-fr.net/galluda/t3.html をご覧くださいませ。
平たく言って「当たると言い張れる理由がどこにあるんだか見当も付きません」レベルです。


んで。「やめろ」という理由なのですが。
結局のところ「決めつける」「反論の余地がない」あたりが、一番まずいんじゃないかなぁと。
そも。占い師ですら「占いは当たります」とはよぉ言いません。私もいいません。なのに、血液型がお好きな人は大抵「血液型は当たるんです!」とおっしゃいます。
占いは当てモノではありません(っつか少なくとも自分はそのスタンスでプロとしてやってます)。射覆じゃぁあるまいし。
大体、例えば生まれ持った「星占い(正しくは西洋占星術)」にしたところで。生年月日時分から導き出される「12の室と10の惑星とその角度」から導き出される結構なデータ量を用いてなお「でもこれってせいぜい個人の資質の半分程度だし。その後の育ちでどうとでも変わるよねぇ」程度でしかないわけです。私はよく「人格の土台とか基礎。その上にどんな建物建てるかはあんたの意志次第」とか言います。
それを、たかだか4分類で「あなたはこうだから」とか「あの人とは血液型がそれじゃ付き合っても別れるだけだよ」とか、そういった「相手の人生のレールに石を置くがごとき発言が出来る」あたりがなんていうか…生兵法きわまれり、です。


気軽な話題の一つとして、程度の扱いであればいいんですがね。多くの場合、いつのまにか結構なところまで踏み込む事が多いので。且つ難儀なことに「血液型でこうだから、って言われたから信じちゃう」人とか、そこまで行かないにしても「気にする」人ってのは、存外に多いものなので。
血液型がお好きな方。やめろとまでは言いませんが、ご自身が発言された内容の重みをもう少し意識されてもよろしいのではないかなぁ、と思うんですが、どんなもんなんですかね?


…そんな話をうちの弟子とばるみやんでしておりましたw