gallu’s blog

エンジニアでゲーマーで講師で占い師なおいちゃんのブログです。

とりあえずまじめにRPMを考えて…見たいなぁ予告編(笑

某友人*1曰く「RPMは“uninstallがきちんとできる”のが唯一にして最大の利点」。
うん話の内容としては理解できるです。
が。上述が本当にtrueなのかとかその辺が最近気になってみたり。


まず。バイナリRPMはおいら的には論外。誰がどんなコンパイルオプションでコンパイルしたんだかわからんようなものをinstallするなんて、おいらの辞書には存在しない。
なので、会話対象はおのずからSRPMに限られてくるです。


最近は大分全体としてお行儀が良くなった…と思うのですが。
まぁ確かに、tar ballでinstallする場合、場合によってはそれなりに「あちこちと散らかったりする」ことはあって。
かくして友人の「uninstallがきちんとできるか否か」は、非常に重要なポイントになったです。
# 一般的に言われている「依存関係云々」はそも「システムじゃなきゃ認識できないような依存関係にしている時点でだめぽ」だと思ってるので以下略。


で。多分おそらく。
specファイルにあるinstallセクションとcleanセクション、場合によってはpre、post、preun、postunの各セクション、あたりがkeyになるであろうとは思ってるですが。


…結局、お行儀がよければtar ballでも割合簡単にuninstall出来るような気がするわけで。
って考えると、やっぱりどうしても、RPMに対して一定の不安感というか「いらないぢゃん」感がにじみ出てしまうです。
多分一番欲しいのは「大規模なサーバ管理で全部同じinstall状況にしたいからcoreサーバでRPM作って各サーバに散らかす」状況くらい?


とりあえず「考察そのうちするかも予告」ってことでメモちっくに書き書き。

*1:「どっちが怪しい選手権」でおいらとバトってる友人w