gallu’s blog

エンジニアでゲーマーで講師で占い師なおいちゃんのブログです。

怒るな 叱れ

ネタもとが、昨今増えている「躾のつもりで子供を怒ってそのまま殺してしまった」類のニュースだったりするのが少々切ないのですが。


さて。「怒ると叱るの違いをちゃんと把握されてますでしょうか?」


端的に書くと。
対象aが何か問題ある言動その他をしたときに。
その問題に対して「問題がある事を強い言動で責める」事を叱るといい。
その問題をみて腹を立てて「感情をぶつける」事を怒るといいます。
異なるのは、その前提になる精神。
前者は、まぁ偽善やら押しつけやらの可能性を孕みますが、とりあえず「相手の事を配慮している」根っこがありますが。
一方で後者は、まぁ大抵「あなたのためを思って」とかいう美辞麗句で飾りますが、本音は「自分の苛立たしい感情を相手にぶつけたいだけ」です。


人間の心理と行動について身も蓋もない一言( http://d.hatena.ne.jp/gallu/20080914/p3 )で書きましたが。
行動は、その動機となった考えを強化します。
イライラする感情をダイレクトに怒りという形でぶつければ、それは「その相手に対してより一層怒りやすくなる」だけです。
多分。かくして、昨今の親御さんの極々一部は、子供に対していらだちを募らせていったのではないでしょうか?


で。
同じ事を、部下に、同僚に、取引先に、していないでしょうか?


あなたは。叱れますか?
相手がなにかまずいことをしたときに。イラっとした時に。その感情をきちんと押さえ、コントロールできるでしょうか?
苛々している感情を抑え、適切な方法と口調言動で相手に「問題がある旨を伝達」できるでしょうか?


あなたは。怒ってませんか?
「相手のため」なんてきれいな字面で自他に言い訳をして、自分の感情の不満解消をしていませんか?
怒鳴ったり。ののしったり。皮肉を重ねたり。それは本当に「それが適切な手段であるからと熟考を重ねた結果」ですか?


端から見てもわかりにくい部分であるだけに。如何に自分を律するか、非常に大切なのではなかろうかと思います。