gallu’s blog

エンジニアでゲーマーで講師で占い師なおいちゃんのブログです。

Slim初めてみました

ちと色々と思考して、もしかしてSlimは割と「好みな可能性」を想起したもので。
いったん、分解して色々と整理してみたいなぁ、と思いました的、宣言エントリ。


いったん、環境だけ作成しました。
slim-skeleton使ったのと、ほぼ純正にSlimのみ、の2環境。
多分可能性として「slim-skeletonを選択する」可能性が高いとは思ってるのですが。
動きを理解するためにも「plainなSlim」をいじっておいた方がいいだろうなぁ、という判断でございます。


環境構築手順。
手元に composer.phar がある前提で。


slim-skeleton

php composer.phar create-project slim/slim-skeleton slim_test
cd slim_test
chmod 777 logs


plainなSlim

mkdir slim_test_plain
cd slim_test_plain
mkdir public
vi public/index.php
```
<?php
use \Psr\Http\Message\ServerRequestInterface as Request;
use \Psr\Http\Message\ResponseInterface as Response;

require 'vendor/autoload.php';

$app = new \Slim\App;
$app->get('/hello/{name}', function (Request $request, Response $response, array $args) {
    $name = $args['name'];
    $response->getBody()->write("Hello, $name");

    return $response;
});
$app->run();
```
php ../composer.phar require slim/slim "^3.0"


いずれも

php -S 0.0.0.0:8080 -t public public/index.php

で、ごく簡単に起動確認などしてみました。


ここからほじくっていって
・inからoutまで、どんな動きをするか
を、少しコードとか追いかけながら見ていきたいなぁ、と。
いや、テンプレートエンジンとか使いたいので「なんでこーゆー風にかくとちゃんと動くのか」とか、理解しておきたいですしおすし。


その辺の解明が終わったら……余力があったら
・DBを含むまるっとした一式の実験
・MagicWeaponとの悪魔合体
あたりにチャレンジしてみたい気が満々でございますw


まずは「Blogに書いておけば逃げ道がなくなるだろう」という身も蓋もないエントリーを、一発目に。