gallu’s blog

エンジニアでゲーマーで講師で占い師なおいちゃんのブログです。

雑感二種

いち。「初心者にもわかるように教えてください」は多分無理。
わりとあちこちで見る字面なのですが。んと…なんていうか…「小学生に複素数平面をわかりやすく説明してください」とかいうのと大してかわらない気がする。
知るためには「ある程度の」前提条件が必須なので、その前提条件を満たしてなければ、おそらくは「理解させるのはまず無理」だと思う。
多分「無理である事さえもわからない」程度に無知なのだろうとは思うのですが*1
問題は「無知の無知であることを理解させる」方法が思いつかない事くらいでしょうか orz


に。「勝敗条件は人それぞれ状況次第」。
この話を書こうと思ったのが陣内さんの格差婚の話だったりするとかいう余談はおいといて B-P
あちこちで、勝っただ負けただ成功だ失敗だと「他人の行為に対して」色々なランク付けが行われているですが。本質的に、勝敗だの成否だのの条件は人それぞれで、場合によっては「他人には計り知れない部分がある」事を忘れちゃいけない。
…っていう話は、TRPGというゲームをある程度深くやってると割と容易にわかりそうなものなのですが。通常のゲームの多くが「明確な勝者と敗者を生む構図」になりやすいので、その辺が一つ勘違いしやすい原因なのかなぁと。
多分重要なのは勝つ事や負ける事や成功する事や失敗する事ではなくて。「自分が何をどうしたくて」「その目標に対して実際はどんな感じだったのか」と。そこが明確なら得るものもあるでしょうし、明確でなければ他人に振り回されて終わるでしょうし。
っつか。勝利条件が明示されていなければ(っていうか自分で作れるなら)、勝敗は自由自在なので。その時点で多分、勝敗にこだわる理由すらなくなる。
っていうかピ〜の笛。…彼らの勝利条件はどの辺にあるんでしょうか? いわゆる一般的(かどうかは知らない。もしかすると理想的、なのかもしれない)スポーツマンシップとは大分に遠いところにありそうなのですが。

*1:この辺いわゆる「無知の無知」というやつですね