gallu’s blog

エンジニアでゲーマーで講師で占い師なおいちゃんのブログです。

ボトルアクアリウム

妄想、かつ、メモ。

気にしてるのが「いろんなサイクルが回しにくいなぁ」って思ったんだけど、ふと、アイデアが浮かんできてしまったので、とりあえずメモ。
後で推敲しませう。

ボトルは「パンドルチェの瓶」。直径8cm、高さ15cmの円柱、なので、多分、お水は700mlも入らないと思われる、を、前提に。

底面は適度になにか。なんとなし「吸着系のソイル」が良さそうな気はしている。
立ち上げ時に「第一水槽でしばらく泳がせたバイオビーズ(か、フィルターのバイオビーズを何割か拝借)」を入れてバクテリアを移植 & お水も第一水槽から移動。

メインは水草
ウィローモス
・マツモ
(・アナカリス)
あたりかなぁ。

で。「第一水槽のメンテナンス」の時に
・ボトルから1/3~1/2くらい水を抜く
・第一水槽の水をボトルに入れる
を追加する事で「第一水槽の汚れた(=栄養豊富な)水」を定期的に追加。

で、藻がでたりしたら、第一水槽のミナミヌマエビくんを1~2匹。水合わせも
・適当なタッパに、第一水槽からミナミヌマエビくんを移動させる
・ゆっくりと水を合わせる
・そのままボトルにぶち込む
で、(ボトルアクアリウムはヒーター入れてないから)温度も大体合わせられるから、移動させやすいだろうし。

光は「第一水槽の横」で、第一水槽の光をそのまま拝借(必要なら後でライト買えばよいし)。

これだと
・機材がそんなにいらない
水草の領域を増やせる
・ボトルアクアリウムでいくつか気になってた所が(とりあえず)解決する
ので。第一水槽が立ち上がった後、であれば、まぁまぁいけるんじゃなかろうか?

後で見直して推敲しよう。
どのみち、第一水槽がちゃんと立ち上がった以降のお話、だし。

………これはまぁ「元々あったものを使う」ので、増えるにはカウントしない、ってことで、一つ(笑